/

この記事は会員限定です

消費活況映すダイヤ、「鑑定」に長蛇の列 

コモディティーエディター 浜美佐

[有料会員限定]

宝飾品の代表格、ダイヤモンドの市場に異変が起きている。昨年は新型コロナウイルス禍で消費が大幅に縮小したが、ワクチン普及や大規模な財政政策に伴う世界経済の回復を受けて足元では急速に盛り返した。宝飾メーカー側は仕入れに動くが、ダイヤの品質を保証し流通に不可欠な「鑑定」のニーズが急増し作業が遅れ、供給のネックになっている。

ダイヤの品質評価には、米国宝石学会(GIA)が開発した「4C」という基準が国際的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り909文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン