/

この記事は会員限定です

生保に迫る「2025年の崖」 金利低下リスクに備え

保険大国曲がり角? 金融庁、22年に暫定規制案

(更新) [有料会員限定]

生命保険会社が2025年に導入される新しい資本規制への対応を急ピッチで進めている。負債(保険契約)の年限に見合った資産を保有しているかを示す「年限差」が小さいほど金利変動時のリスクへの耐久力がある目安となる。年限差が縮まらなければ、最悪の場合、保障期間の長い生保商品を販売できなくなる恐れもある。各社は2年程度で年限差解消を目指す構えだ。

新しい規制は健全性を示す「ソルベンシーマージン比率」に経済価...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2160文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン