/

この記事は会員限定です

東芝、「問題児」が「先駆者」に 日本株再評価の試金石

東芝分割㊦

[有料会員限定]

「経産省には事前に説明した」。12日の記者会見で綱川智社長兼最高経営責任者(CEO)は3分割についてあらかじめ当局と調整したことを明かした。その調整先は1カ所ではなかった。

一つは経済安全保障を担当する貿易経済協力局、もう一つが民間の経済活力の向上を図る経済産業政策局だった。東芝にとって今回の分割が「スピンオフ税制」の対象になるかは重要だった。

スピンオフ税制は会社分割時に株主などが株式を「売却...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1398文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン