/

この記事は会員限定です

「世紀の空売り」投資家、テスラ株「売る権利」手じまい 

需給動向に注目高まる

[有料会員限定]

9月末時点での機関投資家の米株保有状況が開示され、著名ヘッジファンドがテスラ株の下落に賭ける取引を手じまったことが分かった。テスラ株を巡って最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏がツイッター上の投票結果を受けて保有株の売却を進めている。テスラ株は11月に入って調整しているが、株価指標でみた割高感は根強く残る。株価を左右する要因として需給動向への注目が高まっている。

米証券取引委員会(SEC)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り890文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン