/

この記事は会員限定です

地銀99行の含み益3割減、運用体制の不備露呈

米債ショック 国内金融への波紋㊥

[有料会員限定]

「足元の地銀経営にとって、与信管理よりも有価証券のリスク管理の方が明らかに重要」。金融庁の複数の幹部は、こう口をそろえる。今春は全国地方銀行協会との定例意見交換会でも繰り返しアラートを発信し続けてきたが、その後も米金利の上昇が加速したことで警戒感は一段と高まった。

「適切な運用方針と経営体力に見合ったリスク管理になっているか」。懸念が残る銀行とは個別に対話する考えだ。

地銀協が発表した2022年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1186文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン