/

この記事は会員限定です

FRBの「テーパリング加速」で何が起きるか

[有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)は15日、量的金融緩和の縮小(テーパリング)を当初予定から加速すると決めた。米国債などを買い入れる量的緩和は2022年3月に終了し、同時にゼロ金利政策を解除して利上げを再開する可能性がある。緩和終了を前倒しする理由は、一時的とみていたインフレが想定外に長期化していることにある。22年秋の中間選挙を前に、物価高による世論の不満を和らげておきたい政治的な打算もある。

・今なぜ「テーパリング」を加速する?
・FRBの利上げ再開はいつか
日銀もいよいよ動くのか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1915文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースの意味や背景を理解するためのポイントをいちからわかりやすく解説し、その後の展開を見通します。欧米メディアでは「エクスプレイナー」と呼ばれる解説コンテンツです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン