/

この記事は会員限定です

理系出身、危機の芽に先手 金融庁長官の中島淳一氏

(更新) [有料会員限定]

金融庁長官に8日就任した。東大工学部卒で同庁初の理系出身長官となる。金融機関のシステムの安定性確保やサイバー攻撃への対応といった難題に取り組む。

在学時は計数工学科の研究室でコンピューターで図形処理するプログラミングを研究した。当時は人工知能(AI)の研究がブーム。アルゴリズムに関する文献を読み込み、どう実用化できるか思いを巡らせたという。

危機対応の原点は1998年、日本長期信用銀行(現新生銀行)の国有化...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り299文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン