/

お金の不安抱える18歳の大人 消費者被害を防ぐには

お金のトラブル 撃退マニュアル(上)

民法改正により今年4月から成年年齢が18歳に引き下げられた。それによって若年層がお金のトラブルに巻き込まれるリスクの高まりが懸念されている。この機会にトラブル事例や対応策、消費者保護の法律を3回に渡って紹介する。

親の同意なしで契約可能に

日本では1876年(明治9年)以来、20歳が成年年齢とされてきたが、世界的には18歳とする国が主流であることなどを踏まえて民法が改正され、今年4月1日から成年年齢が18歳に引き下げられた。

民法でいう「成年」とは、1人で有効な契約を結ぶことができ、父母の親権に服さないということを意味する。未成年の場合、契約を結ぶには父母の同意が必要で、同意なく結んだ契約は後から取り消すことができる。

その年齢が引き下げられたことで、これまで未成年とされてきた18歳、19歳の若者も、父母の同意なしに契約を結ぶことが可能になるとともに、同意がないことを理由として、それを後から取り消すことができなくなった。

「契約」は、例えば携帯電話を購入する、賃貸アパートを借りる、証券口座を開設して金融商品を購入する、ローンを組んでお金を借りる、企業と契約して社員になるなど日常生活の様々な場面で行われる。それが18歳、19歳でも自分でできるようになったり、10年パスポートや各種の資格が取得できるようになったりする。一方、健康に関わる飲酒・喫煙やギャンブルなどに関しては、引き続き20歳からとなっている。国民年金の加入も20歳からだ。成年年齢引き下げで何が変わったのか、何ができて何ができないかは、親も子もきちんと押さえておきたい。

お金に関する不安も

民法改正そのものは2018年6月に行われ、その後約4年間の周知期間を経て今年4月から施行された。ソニー生命保険が昨年10月、この4月に18歳または19歳で成人になる人と、同世代の子を持つ親に対して行った調査では、成年年齢の引き下げについて「知っていた」とした人は、当事者(子)の91.4%、親の83.6%に上った。

同調査では、成年年齢引き下げをどう思うかも聞いている。子は「楽しみ」と「不安」がどちらも約60%と拮抗しているが、親は「楽しみ」が45%、「不安」が約70%で、不安との声が多い。

どのような不安があるかという質問に対しては、「自覚がないまま大人になること」が親子とも最も多いが、具体的な内容で見てみると、「クレジットカードでの高額な買い物」「もうけ話に関するトラブル」「怪しいアルバイトに関するトラブル」など、お金に関するものがほとんどだ。

実際に、国民生活センターに寄せられた相談件数の割合を年代別に見ると、20年度は70歳以上が22.1%で最も多いが、20歳未満・20代・30代を合わせると22.4%となっていて、若年層のトラブルも多いことが分かる。

知識や社会経験のない18歳、19歳が成人として各種の契約ができるようになることで、お金に関するトラブル事例は増えることが予測される。また、新たに成人になった若者を狙った悪質商法などが出てくる可能性もある。若者本人だけでなく親も注意が必要だ。

手口を知って身を守る

成年年齢の引き下げに伴って、22年度から高校の家庭科で金融教育が必修となった。だが、それが浸透するまでは時間がかかるし、既に高校を卒業した人たちは対象とならず、お金に関して学ぶ機会がないまま成年年齢に達してしまうことになる。若者を消費者被害や悪質商法などから守るには、家庭での対策が求められる。

お金に関するトラブルに巻き込まれないためには、今どんなトラブルが起こっているのかを知っておくのが有効だ。

消費者を保護するための法律や制度に関する知識、トラブルに遭った時の対処法も覚えておきたい。お金の使い方や契約とはどういうものかについて家族で話し合い、若年層が巻き込まれやすいトラブル事例や消費者保護に関する知識を共有しておくようにしよう。

(ファイナンシャルプランナー 馬養雅子)

[日経マネー2022年6月号の記事を再構成]

日経マネー 2022年6月号 波乱相場でも上がる 強い日本株
著者 : 日経マネー
出版 : 日経BP (2022/4/21)
価格 : 750円(税込み)
この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon.co.jp 楽天ブックス

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン