/

この記事は会員限定です

COP27、日本は脱炭素技術展示 各国が強みをアピール

[有料会員限定]

エジプトで開催中の第27回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP27)には世界から4万5000人超が集い、参加各国や非政府組織(NGO)が気候変動分野での認知度や存在感を高める絶好の場となっている。各国や団体がパビリオンを設置し、脱炭素の取り組みを懸命にアピール。三菱重工業など日本の企業も独自技術を紹介し、新たな商談につなげようと狙う。

「企業の最先端技術がこんなにも展示されているなんてユニー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り686文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

COP27

11月に「第27回国連気候変動枠組み条約締約国会議」(COP27)がエジプトで開催されます。どのような議題で議論がなされ、どういう合意がなされるかが注目されます。最新のニュースと解説をお届けします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません