/

この記事は会員限定です

欧州の原油輸入、米国産首位迫る ロシア産を代替

[有料会員限定]

欧州が米国産原油の輸入を増やしている。欧州連合(EU)が合意したロシア産原油の禁輸措置の発効を年末に控えて代替調達が進んだためで、近く米国がロシアを抜いて最大の輸入元となる可能性もある。EUと英国の海上輸入に占めるロシア産原油の割合は8月時点で17%と年初の27%から大幅に低下。一方、米国産が伸びシェアの差は1%まで縮小してきた。

国際エネルギー機関(IEA)によると、EUと英国は8月にロシア産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1065文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン