/

この記事は会員限定です

異常気象が世界揺らす 長引くラニーニャ、農産物に懸念

[有料会員限定]

深刻化する異常気象が世界経済を揺らしている。北米では大規模な干ばつで穀物の不作懸念が強まり、ウクライナ危機下の供給制約も加わり相場の急騰を招いた。インドや欧州でも熱波による農作物の不作が警戒されている。日本でも梅雨明けが史上最速となり、夏場の酷暑が見込まれている。株式市場は敏感に反応しており、投資家にとっても目が離せない。

2022年前半の穀物市場は供給不安に揺れた。ロシアのウクライナ侵攻を受け...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2789文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。「日経ヴェリタスビューアー」ならPC・スマホ・タブレットで読めます。公開から30日以内の紙面イメージを閲覧でき、テキスト表示に切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。「日経ヴェリタスビューアー」ならPC・スマホ・タブレットで読めます。公開から30日以内の紙面イメージを閲覧でき、テキスト表示に切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン