/

この記事は会員限定です

日銀、遠くない物価2%目標 「悪いインフレ」に備えは

金融PLUS 金融部長 河浪武史

[有料会員限定]

日銀が目標とする物価上昇率2%の達成は、決して遠くなくなってきた。消費者物価指数(CPI)はゼロ近傍のままだが、携帯電話料金の値下げの影響を除けば前年同月比で1%台半ばの水準まで高まっている。足元のインフレ圧力は円安や資源高などが原因で、経済が好転する「良い物価上昇」とはいいがたい。それでも仕入れコストがさらに上がれば経済界も看過できず、日銀緩和への風向きが変わる可能性もある。

インフレ率は1%台半ばに

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1604文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

金融PLUS

日本・海外の金融政策の「先読み」や金融ビジネスの裏話を、経験豊富なエディター陣が解説します。普段の金融報道に「プラス」を与えるコラムです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン