/

この記事は会員限定です

子の習い事、予算を決めて 将来の教育費確保を優先

[有料会員限定]

ゴルフにピアノ、バレエ――。現在、第一線で活躍する人には幼少時から取り組んでいた例が目立つ。子どもが興味を示したら、親としてはできるだけ取り組ませたい。一方で習い事が増えれば家計への影響は大きくなる。人気の習い事の月謝や、予算を考える上でのポイントをまとめた。

絵画教室に通わせようか――。静岡県の女性公務員(41)は悩んでいる。最近、4歳の次女が友達が通う絵画教室に行きたいと言い始めた。既に音楽教...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1571文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン