/

この記事は会員限定です

雇用保険の料率引き上げ コロナ禍の支給増が影響

[有料会員限定]
働く人の失業を防いだり、失業した人の再就職を支援したりする雇用保険。その役割を果たすための事業には、会社員の毎月の給料などから引かれる保険料が使われています。2022年度は雇用保険の料率が上がる予定です。

Q 雇用保険とはどのような制度ですか。

A 国が運営する社会保険のひとつで、金銭の支給などで労働者を支援するのが目的です。例えば、失業した際はハローワークで手続きすれば、次の就職までの一定の間、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1299文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン