/

この記事は会員限定です

ウラン、突然の高騰 米個人マネーは鉱山株に照準?

ファンド買い契機 「脱炭素」の原発需要も意識

[有料会員限定]

ウランの国際価格が騰勢を強めている。カナダの上場ファンドの大量買いをきっかけに、世界的な脱炭素による原子力発電の需要増が意識されている。この動きに飛びついたのが、これまで様々な銘柄を買い上げてきた米個人マネー。採算改善への期待からウラン鉱山株の急伸に飛び火した。ウラン高騰が続けば、いずれは日本などの電力会社で発電コストの上昇につながる可能性も否定できない。

数々の「ミーム株(はやりの株)」の高騰を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1277文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン