/

この記事は会員限定です

世界の投資家、「テーパー・タントラム」の再来を懸念

市場点描 注目リポートから

[有料会員限定]

世界の投資家の米金利急騰への懸念が根強い。米バンク・オブ・アメリカの4月の機関投資家調査によると、警戒すべきテールリスク(確率は低いが発生すると影響が大きいリスク)について「テーパー・タントラム(かんしゃく)」との回答は32%を占め、最多となった。2013年5月に当時のバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が量的緩和の縮小(テーパリング)に言及したのをきっかけに長期金利が急騰した事象を指す。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り323文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン