/

この記事は会員限定です

海外勢が国債売り、日銀防戦 金利抑制政策の転換へ圧力

[有料会員限定]

債券市場で日銀と海外投資家の攻防が激しくなってきた。インフレで米欧の長期金利が上昇するなか、日銀は国債の大量購入で長期金利をむりやり抑え込んできた。だが日本と米欧の金利差が広がり、市場のゆがみも目立つ。海外勢はいずれ日銀も政策転換に追い込まれると見越して国債売りを急ぐ。日銀は防戦に追い込まれている。

「国債金利の操作目標をゼロ%程度とする金融市場調節方針をしっかり実現する」。15日午前10時10...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1378文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン