/

この記事は会員限定です

円安、投機マネー演出 円売り規模18年末以来の水準

19日時点、米利上げ見越す 

[有料会員限定]

米利上げを織り込むなか、ヘッジファンドなどの投機マネーが円安・ドル高の継続を見込んでいる。米シカゴの通貨先物市場で投機筋による円の売越額は直近の19日時点で2年10カ月ぶりの水準に膨らんだ。先週にかけての急激な円安は投機マネーが主導したことが明らかになった。投機筋は短期売買を繰り返す傾向が強く、外国為替相場は当面、乱高下しやすくなる可能性がある。

米商品先物取引委員会(CFTC)の週次データをみず...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1353文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン