/

この記事は会員限定です

水ビジネス、世界を潤す 「渇き」に挑む日本の技術

[有料会員限定]

中国の不動産大手、中国恒大集団の信用不安が波及し、米国の株式市場が下げ一色となった20日、逆行高になった銘柄がある。米国で最大の民間上下水道会社、アメリカン・ウオーター・ワークスだ。株価は上場来高値圏にあり、時価総額は3兆5000億円を超える。

水の関連銘柄が熱い。表面積の7割が海に覆われ「水の惑星」とも呼ばれる地球だが、人が生活に利用できる淡水はわずかな量しか存在しない。

水の需要は世界の人口増...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1243文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン