/

この記事は会員限定です

中小監査法人に統治指針義務付け ずさんな体制にメス

(更新) [有料会員限定]

金融庁は中小の監査法人に対し、体制の強化を目的とした統治指針の受け入れを義務付ける。任意となっている今の指針を改定し、2024年に原則義務化する。監査する企業数に見合う体制を整えているかなど情報開示の充実を求める。企業に気候変動や人的資本の開示が求められるなか、一部の中小ではずさんな監査が露呈。透明性を高めて投資家の信頼を得やすくする。

統治指針である「監査法人のガバナンス・コード」は、東芝の不...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1311文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません