/

この記事は会員限定です

個人時代、デイトレで泣き笑い 損切りルールは徹底を

農林中金全共連の山本健豪ファンドマネージャー

[有料会員限定]
10月31日号の日経ヴェリタスでは、投資の失敗の類型や、そこから得られる教訓、取るべき手法などについて分析した。では、プロは失敗の経験をどのように生かしているのか。かつて個人投資家だった経験を持ち、現在は農林中金全共連アセットマネジメントでファンドマネージャーを務める山本健豪氏に話を聞いた。

――個人投資家時代の経験を教えてください。

「05年に個人投資家としての生活を始めました。第3

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1578文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン