/

日銀のデジタル通貨実験、第2段階へ 現金交換を検証

日銀は2022年4月にデジタル通貨の実証実験を第2段階へ移行させる方針だ。21年春に着手した第1段階の実験を踏まえ、現金との交換や民間の決済システムとの連携などを中心に検証する。デジタル人民元の実現を急ぐ中国や欧米など海外中央銀行の動向を意識しながら、発行上の技術的な課題や論点の整理を進める。

15日開催の官民による連絡協議会で方針を示した。中央銀行が発行するデジタル通貨はCBDCと呼ばれており、中国のほか欧州中央銀行(ECB)がデジタルユーロの導入準備を進めるなど開発の動きが加速している。日銀は計3段階の実証実験を想定している。

第2段階の実証実験では保有金額に上限を設けたり、金利を付けたりする具体的な検証のほか、複数の口座保有やオフライン決済といった利便性向上に向けた取り組みも想定する。実験用のウォレットアプリと接続し、技術的な課題の検証も視野に入れる。実証実験の期間は現時点で未定だ。

今春から始めた第1段階の実証実験では、コンピューターシステム上の実験環境をつくったうえで、電子的に発行したお金の送金や流通といった基本的な決済機能に不具合がないか検証を進めてきた。決済の処理能力なども検証しており、日銀によると作業は予定通り進捗しているもようだ。

日銀の内田真一理事は15日の協議会であいさつし、「各国でCBDCが現実的なオプションのひとつになってきている」と指摘。日銀は現時点で具体的な発行計画を予定していないものの、「発行しないことも大きな決断になってきている」としてデジタル化に向けた決済システムの構築を検討していく必要性を訴えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン