/

フェローテックが上場来高値 半導体部品需要増で上方修正

話題の株

15日の東京株式市場で半導体製造装置部品のフェローテックホールディングスが大幅続伸し、一時前週末比630円(16%)高の4490円と上場来高値を更新した。12日の取引終了後、2021年4~9月期決算とともに22年3月期業績予想の上方修正を発表した。強い半導体需要を受けた装置部品や関連サービスの伸びを好感した買いが集まった。終値は同540円(14%)高の4400円と、この日の高値圏で終えた。

通期の連結純利益予想を前期の2.8倍の235億円と、従来予想の200億円から35億円引き上げた。フェローテックは装置向け部品の中でも消耗品に強みがある。三菱UFJモルガン・スタンレー証券の長谷川義人氏は「旺盛な設備需要と活発な生産活動から、消耗品需要が想定していた以上に好調だったようだ」とポジティブに評価した。フェローテックは高速通信規格「5G」関連や医療検査機器向けなども伸びが続くとみている。

PBR(株価純資産倍率)は1.7倍台。年初から大きな調整もなく上昇が続いており、高値警戒感もある。ただ業績見通しの大幅な上振れで「EPS(1株あたり利益)が市場予想を上回っており、短期的には利益確定売りが出ても株価を下支えしそうだ」(国内証券)との声もあった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン