/

この記事は会員限定です

守勢のSuica、スマホ対応に活路 仮想通貨は敗色濃厚

デジタルマネーの勝者と敗者(下)

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える
急拡大するQRコード決済に対し、ICカードにためる電子マネーは守勢を強いられている。日銀の統計では、2021年にJR東日本のSuica(スイカ)や私鉄系のPASMO(パスモ)、イオンのWAON(ワオン)などICカード型電子マネーの決済金額は前年に比べ1%減少した。

ICカードやクレカ、「カードレス」で生き残り



QRコード決済が当初からスマートフォン(スマホ)の活用を前提にしているのに対し、20年以上の歴史があるICカード型は定期券にも使えるカードとして普及した。

しかし、デジタル時代に勝者と敗者を分けるのは何といってもスマホ対応だ。鉄道各社はスマホ内のICチップを使って「カードレス」とすることで、反攻の糸口を探っている。

25年度にモバイルスイカの発行枚数を2500万枚まで伸ばす――。JR東は中期経営計画で、スマホを使ったモバイルスイカの数値目標を初めて公表した。21年度実績の1662万枚と比べて約5割増の水準だ。

モバイルスイカの機能も拡充し、今年に入って通学定期券の購入がオンライン上で完結するようにした。新型コロナウイルス禍の影響で乗客の戻りが鈍い中で「若年層への取り組みを強化したい」(JR東の高島昭治・マーケティング本部次長)。私鉄もスマホで使えるモバイルパスモの普及に力を入れる。

財布という居場所を失いつつあるのはクレジットカードも同じ。三井住友カードは21年10月から、カード自体は発行せず、カードの番号のみを発行するサービスを始めた。番号はスマホ決済やインターネット通販などですぐに利用できる。一方、カードがないので、スマホがなければ店頭では使えない。

消える銀行のATM・店舗


キャッシュレス化の加速に伴い、現金を引き出すATMの需要は低下してきた。全国銀行協会によると、国内のATMなどの設置台数(ゆうちょ銀行やコンビニエンスストア設置分を除く)は21年で約9万3000台と、17年から15%減った。運営や所有に多大なコストがかかる銀行店舗も統廃合が加速する。キャッシュレス社会の銀行は、ネット専業銀行に近づく可能性がある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1533文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。「日経ヴェリタスビューアー」ならPC・スマホ・タブレットで読めます。公開から30日以内の紙面イメージを閲覧でき、テキスト表示に切り替えて読むこともできます。今なら、2カ月無料キャンペーン中!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。「日経ヴェリタスビューアー」ならPC・スマホ・タブレットで読めます。公開から30日以内の紙面イメージを閲覧でき、テキスト表示に切り替えて読むこともできます。今なら、2カ月無料キャンペーン中!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン