/

この記事は会員限定です

豪雨の保険金、IT活用で支払い急ぐ 復旧融資も開始

[有料会員限定]

停滞する前線の影響で日本の広い範囲が豪雨に見舞われ、保険会社を中心に金融機関も対応を急いでいる。損害保険大手は人工衛星やドローン、スマートフォンなどのIT(情報技術)を積極的に活用し、被災状況の確認と迅速な保険金支払いに役立てる。銀行は浸水した家屋や工場の復旧に向け、優遇金利による融資を始めた。

東京海上日動火災保険はフィンランドの人工衛星企業と連携し、災害発生直後の14日から九州北部や広島市、長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り896文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン