/

この記事は会員限定です

東京海上小宮社長、保険事業「100年に一度の転換点」

[有料会員限定]

損害保険会社を取り巻く環境が激変した。東京海上ホールディングス(HD)は累計2兆円のM&A(合併・買収)を実行し、利益全体の海外比率を2000年代初頭の数%から足元で50%に伸ばした。成長を海外に求め、投資家からの評価は高いものの、国内外の自然災害の多発やインフレによる保険金の増加圧力という逆風にさらされている。小宮暁社長兼グループ最高経営責任者(CEO)に保険ビジネスの展望やグローバルな金融機

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2226文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

金融直言

日経電子版「金融直言」は、金融分野のキーパーソンとの経済社会問題の本質に迫る白熱したやりとりを生き生きとした筆致で描くインタビュー形式のコラムです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません