/

この記事は会員限定です

ヘッジファンド苦悩、緩和マネーで空売り困難

大西康平

[有料会員限定]

国内のヘッジファンドが空売り注文を出しづらくなっている。新型コロナウイルスの再拡大による業績悪化懸念が広がっても、なぜか急騰する銘柄が相次ぐためだ。米国のゲームストップやアルケゴス問題も「踏み上げ」への警戒感を高める。緩和マネーがもたらす不透明な展開に投資家が翻弄されている。

「おっかなびっくりしながら売り注文を出している。業績や投資指標面など、どこから見ても割高感が強く下落するはずなのに、なぜか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1351文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン