/

この記事は会員限定です

FRBが促すトヨタ買い タカ派転換、債券代替を物色

日経QUICKニュース 田中俊行、古賀雄大

[有料会員限定]

大型株に資金が流入している。15日の東京株式市場ではトヨタ自動車株が一時、前日比4%上昇した。14日発表した電気自動車(EV)戦略が材料視された形で、同社株を含めた時価総額が大きい銘柄は高パフォーマンスが続いている。米連邦準備理事会(FRB)が金融政策の正常化に前向きな「タカ派」へと転換し、債券に替わる資産として大型株への資金集中が続くとの見方がある。

15日の日経平均株価は小幅に反発し、終値は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1030文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

スクランブル

株式市場の日々の動きと要因、見通しなどを緻密な取材を元にわかりやすく分析、解説します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン