/

この記事は会員限定です

みずほ、18年にも通帳・カード取り込み 公表せず

(更新) [有料会員限定]

みずほフィナンシャルグループ(FG)は15日、システム障害の責任として計11人の役員報酬を減額すると発表した。金融庁検査が続いており、みずほ銀行の藤原弘治頭取が退任することなどが柱の人事案の決定を見送った。2018年の障害でATMが預金通帳・キャッシュカードを取り込む事態が起きていたことも判明した。

坂井辰史みずほFG社長は役員報酬の50%を6カ月間減額し、藤原頭取も50%を4カ月間減らす。このほか最高情報責任者(CIO)を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り960文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン