/

この記事は会員限定です

コロナ再生ファンド、120億円で設立 中小機構など出資

[有料会員限定]

国内投資ファンドのニューホライズンキャピタル(東京・港)は15日、新型コロナウイルス禍で経営が悪化した中小企業の再生を支援するファンドを設立したと発表した。中小企業基盤整備機構やきらぼし銀行、紀陽銀行などが計約80億円の出資を決め、最終的な金額は120億円程度をめざす。投資対象は全国とし、地域金融機関の再生ファンドがないエリアの支援ニーズに応える。

新ファンドの運営はニューホライズン子会社のポス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り440文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン