/

この記事は会員限定です

ESG銘柄、潜在力に勝機 評価改善で株価上昇も

北松円香

[有料会員限定]

株式市場で銘柄選別の基準としてESG(環境・社会・企業統治)評価の変化率を重視する傾向が強まっている。単純な評価の高低ではなく、改善度合いを他の投資家に先駆けて発見できるかが勝敗を決める。ESGファンドの運用残高が増え市場が成熟度を増すにつれ、銘柄を選ぶ投資家の眼も厳しくなっている。

「数カ月かけて企業調査したかいがあった」。ある外資系運用会社のファンドマネジャーは先週末、4~9月期決算発表後に年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1123文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン