/

この記事は会員限定です

地銀、相次ぐ地域商社への参入 域内の好循環に高い壁

金融PLUS 金融グループ次長 福士譲

[有料会員限定]

地域産品の販路を開拓したり、新商品を企画したりする「地域商社」事業で、地方銀行の参入が増えている。融資先の収益を増やし、地域に活力を生み出す。政府も銀行規制を緩和し、環境を整える。地域経済の低迷で収益が伸び悩む地銀。地域商社を通じて地域に好循環をもたらすことはできるのか――。

「藍で染めた万年筆をつくれないか」。大分銀行が出資する地域商社Oita Made(オオイタメイド)。銀行出身の営業担当者は、精密板...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1701文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

金融PLUS

日本・海外の金融政策の「先読み」や金融ビジネスの裏話を、経験豊富なエディター陣が解説します。普段の金融報道に「プラス」を与えるコラムです。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン