/

円安も外国人主導の展開、118円オーバーシュートも視野

日本株だけではなく円も外国人投機筋主導の展開となった。11日のNY市場では原油高を材料に2018年12月以来の113円台を突破した。

そもそも国際通貨投機筋は先月から、円安傾向加速現象に注目して、円売りポジションを積み上げていた。9月の時点で既に115円水準を視野に入れていた。

そして今や、彼らは118円近くまでの円安オーバーシュートも想定している。

特にNY市場では「日本は原油輸入依存国」との認識から、原油買い・円売りトレードが目立つ。

いわゆる「国際通貨投機筋」主導の「悪い円安」相場だ。

彼らは、円に食指を動かす前には、もっぱらドルユーロの通貨ペアに照準を絞り、ドル円に換算すれば10円規模の動きを引き起こしていた。例えば2020年にはドルユーロが1.08水準から1.22水準へ変動する過程で相場変動を増幅させた。ドルユーロの通貨ペアといえば、欧米外為市場では、断トツの取引量である。それを動かすには、相当の売買エネルギーが必要だ。その相場圧力が円に向けられれば、NY市場で円相場を動かすことは難しくはない。

そもそも外為動向の指標として通貨先物売買ポジションの推移がしばしば引用されるが、これは氷山の一角にすぎない。外為市場ではインターバンクの相対取引で巨額のマネーが動く。この短期流動性のかたまりが円に向かえば、10円程度は十分に動かせる。

事実、今回の113円台突破に限らず、近年のドル円相場は、NY市場で大きく変動することが常態化している。

海外勢は、理屈よりモメンタム(市場の勢い)に乗り動くからだ。

対する日本勢は、緻密なマクロ経済分析に基づき、シナリオA、シナリオBと吟味を重ね、詳細なレポート形式で相場観をまとめることが得意だ。それで円は買いか売りかと問えば、円売りの可能性が強いが、円高要因への目配りも必要、という模範解答になりがちだ。チャート分析も米国人が驚くほど緻密である。対して欧米市場の通貨投機筋は、例えば、金利差と原油高で円売り、と日本人感覚で見れば、あまり深く考えず、後は行動あるのみ。仕掛けも速いが、118円というもくろみが非現実的となり、損切りとなれば逃げ足も速い。

その結果、ドル円相場もNY市場に先手を取られ、東京市場は後じんを拝する結果になりがちなのだ。

日本では外国為替証拠金(FX)売買が人気だが、欧米プロ投機筋に束になってこられては、とてもかなう規模ではない。

筆者はスイス銀行外為・貴金属部ディーラー出身なのだが、本当に大きなポジションを持ち、相場を動かすプロは、決してメディアなどには出ず、ひたすら目立たぬように行動している。みずからの相場観などをべらべらしゃべっても得るところは何もないからだ。

マンハッタンの日本料理屋に日系ディーラーが集い、日本語で情報交換して、傷をなめあう光景も幾度となく見てきた。

華僑、印僑ディーラーのたくましさに比し、和僑ディーラーはお行儀良く、おとなしい。もちろん、極めて優秀な和僑ディーラーも数々いるが、多くは、外資系に転職している。例えに出すのもおこがましいが、日本人ノーベル賞受賞者に海外大学籍の教授が多いことを考えると示唆的だ。

なお、欧米の通貨投機筋には独立系も多く、大手金融機関のようにハウスビュー(組織としての公式見解)に縛られないことも、臨機応変の対応を可能にしている。ハーバード卒なのだが、富豪の父の遺産を引き継ぎ、NY郊外の一角で大型コンピューターにより重装備して、円などの通貨を大量売買している人物を訪ねたこともある。特に日本経済について知見はないが、驚くほどの規模の売買を繰り返していた。夏なのに、機材保護のため、内部はコートが必要なくらい冷房で寒かった。かくしてウォール街離れの傾向も顕在化している。

日本について十分な知識のない外国人投機家たちが荒らす円相場は所詮ゼロサムゲームだ。

筆者は、中期的には110円程度に収れんすると見ている。

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com
  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 1,045円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン