/

この記事は会員限定です

金が輝きを戻す日は来るか 価格反転のきっかけ難しく

[有料会員限定]

金(ゴールド)価格が軟調だ。20日から始まる米連邦公開市場委員会(FOMC)で急ピッチな利上げ継続を決める見通しが嫌気されている。「安全資産」とされる金には追い風となる景気後退リスクが高まっていても、選好されていない。市場は相場反転のきっかけを模索している。

足元で金価格の国際指標であるニューヨーク先物(中心限月)は、1トロイオンス1680ドル前後で推移する。ロシアのウクライナ侵攻を受けて急騰し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1023文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン