/

この記事は会員限定です

日銀の資金繰り支援、延長議論へ さらなる長期戦に備え

[有料会員限定]

日銀による新型コロナウイルス対応の資金繰り支援が一段と長期化しそうだ。足元では大企業の資金需要が落ち着く一方、飲食・宿泊などの中小企業はなお厳しさが残る。今後は借り換えのニーズも高まる公算が大きい。日銀は17~18日の金融政策決定会合で、9月末が期限の支援策の延長を議論する見通しだ。

日銀は今回の決定会合で、短期金利をマイナス0.1%、長期金利の指標になる10年物国債利回りを0%程度に誘導する長短金利...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1041文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン