/

原油、7年ぶり100ドル台 ロシア攻撃開始で供給懸念

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

原油価格が急騰している。24日のロンドン市場で、原油価格の国際指標である北海ブレント先物の期近物が2014年9月以来、7年5カ月ぶりに1バレル100ドルを上回った。ロシア軍が同日、ウクライナの軍事施設へのミサイル攻撃を始め、戦闘拡大への懸念が広がっている。今後、米欧の制裁強化でロシアからの原油輸出が停滞し、需給が一段と逼迫するとの懸念が強まり相場を押し上げた。

原油市場では供給が不足するとの思惑が広がっている。特にロシアと地理的に近い欧州は、日量200万~300万バレル規模の原油をロシアから輸入している。仮に米欧が経済制裁の拡大に踏み切り輸出の大部分を封じると、欧州をはじめ消費国も大きな打撃を被る。現実には部分的な制裁にとどまらざるを得ないとの観測も多いが、足元の原油の供給不足に拍車がかかるのは避けられそうにない。いったん制裁で輸出が停滞した場合、解除のきっかけがつかみにくいだけに「影響が長期化する恐れもある」(野村証券の大越龍文シニアエコノミスト)。

石油輸出国機構(OPEC)加盟国などでつくる産油国連合「OPECプラス」は毎月日量40万バレルずつ増産を進めているが、実際の生産量が計画に届かない状況が続いており、需給の逼迫に拍車をかけている。

米国市場でもWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物の期近物が日本時間24日に、前日比で3ドル超高い1バレル95ドル台まで上昇している。米国は世界最大の産油国で、欧州に比べるとロシア産原油の輸出停滞の影響を受けにくいため、価格上昇の勢いも相対的には弱くなっている。

リスク回避時に買われやすい金は急騰した。ニューヨーク先物は一時1トロイオンス1930ドル台と、およそ1年2カ月ぶりの高値まで上昇。大阪取引所に上場する円建ての金先物は一時前日比1%高い1グラム7120円台となり、21日につけた史上最高値を更新した。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン