/

この記事は会員限定です

日銀「出口戦略」にジレンマ、2%達成なら財政リスク?

さまよう異次元緩和 黒田体制 最長の8年半㊦

(更新) [有料会員限定]

「2%の物価安定目標はかなり厳しい」「日銀は雇用をしっかり見て」――。自民党総裁選の論戦では、各候補者から日銀の金融政策への注文が次々と飛び出した。大量に長期国債や上場投資信託(ETF)を買い入れる異次元緩和の導入から8年半。新総裁に選ばれた岸田文雄氏による新政権が日銀にどのようなスタンスで臨むかは見通せないが、政府と日銀は危ういバランスの上に成り立っている。

「仮に財政政策がより積極的になっても金利...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1447文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン