/

この記事は会員限定です

地銀も仕組み債停止、千葉や横浜など 背景に金融庁方針

[有料会員限定]

大手地方銀行も「仕組み債」の販売制限に乗り出した。利回りが高いがリスクの大きい商品はトラブルを招く懸念があると見て、千葉銀行は全面的に販売を停止し、横浜銀行や広島銀行も一部販売を停止する方向だ。背景には顧客ニーズを無視した販売実態があると見た金融庁の影も見え隠れする。

「『顧客本位の業務運営』を行っていくことが肝要だ。しっかり自己検証していくことが大事だが、業界全体で何か考えることも必要だ」。全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1133文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン