/

ゼンショーHD、一時7%高 堅調な業績に好感

話題の株

14日の東京株式市場で、牛丼チェーン店「すき家」などを展開するゼンショーホールディングス株が一時前週末比225円(7%)高の3495円を付けた。11日に発表した2022年4~9月期の連結売上高は前年同期比19%増の3757億円、純利益は14%増の73億円。堅調な業績を好感した買いが入った。

終値は170円(5%)高の3440円と21年末比で3割上昇した。すき家で新商品や季節商品を積極的に導入し、牛丼カテゴリーの売り上げが好調。22年4~9月期の既存店売上高は9%増となった。

松井証券の窪田朋一郎氏は「同業他社と比べて相対的に商品価格が安く、競争力を維持している点が評価されている」と話す。吉野家ホールディングスの「吉野家」は10月から牛丼を値上げした一方、すき家は価格を据え置いている。

22年4~9月期の営業利益は6%減の81億円と減益となった。「原材料コストや水道光熱費、人件費等の負担増が大きかった」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券)と指摘する声がある。価格競争力を維持するため、コスト増をどう吸収できるかに注目が集まっている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません