/

この記事は会員限定です

物価予想、5カ月ぶり低水準 米利上げ前倒し観測で

[有料会員限定]

日本の金融市場が織り込む予想物価上昇率が急速に下落している。市場参加者のインフレ期待を映す「ブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)」は足元で0.128%と、5カ月ぶりの低水準となった。米連邦準備理事会(FRB)による利上げの前倒し観測に加え、新型コロナウイルスの感染再拡大に伴う国内の経済活動の停滞長期化が意識されているようだ。

BEIは長期金利の指標となる10年物国債の利回りから物価連動国債の利...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り263文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン