/

この記事は会員限定です

人口減、柳沢元厚労相に聞く 失言生んだ危惧「現実に」

[有料会員限定]
新型コロナウイルスの感染拡大で結婚や妊娠を手控える人が増え、少子高齢化が加速している。2021年の出生数は80万人を下回る可能性が出てきた。本格的な人口減社会を迎える日本の行く末と対応を柳沢伯夫元厚生労働相に聞いた。

厚生労働相だった2007年、「女性は子どもを産む機械」との発言で批判を受けた。講演で出産適齢期の女性が減っている状況を説明し少子化問題の深刻さを訴えたが、分からない顔をしている人も多か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1704文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン