/

この記事は会員限定です

米株、リゾート・自動車が急落 景気悪化を懸念

(更新) [有料会員限定]

上振れしている米消費者物価指数(CPI)が景気に敏感なリゾートや自動車株の急落を引き起こしている。金融引き締めの加速に伴う景気後退懸念が高まり、個人消費が落ち込むとの思惑から一段の売りが広がっている。金利上昇の懸念もあり、投資指標(バリュエーション)面から割高なIT(情報技術)関連株の下落も目立った。

米ダウ工業株30種平均の直近2営業日(10~13日)の下落幅は1756ドル(5.4%)と、20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1128文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン