/

この記事は会員限定です

FTXの詐術を覆い隠した「トークン」

フィンテックエディター 関口慶太

[有料会員限定]

暗号資産(仮想通貨)交換業大手のFTXトレーディングが経営破綻して1カ月あまり。創業者で前の最高経営責任者(CEO)であるサム・バンクマン・フリード氏が逮捕・起訴され、歴史的な金融詐欺事件に発展した。政治家やプロの投資家はなぜ騙(だま)されたのか。一翼を担ったのがトークンという評価の定まらない金融手法だった。

トークンとは、ブロックチェーン(分散型台帳)を使い企業や団体などが発行するデジタル権利...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り898文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタスをPC・スマホで!今なら2カ月無料

経済・マーケットの今を深く知る。「日経ヴェリタスビューアー」ならPC・スマホ・タブレットで読めます。公開から30日以内の紙面イメージを閲覧でき、テキスト表示に切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

日経ヴェリタスをPC・スマホで!今なら2カ月無料

経済・マーケットの今を深く知る。「日経ヴェリタスビューアー」ならPC・スマホ・タブレットで読めます。公開から30日以内の紙面イメージを閲覧でき、テキスト表示に切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

日経ヴェリタス

週刊の投資金融情報紙「日経ヴェリタス」の記事をお届けします。購読お申し込みはこちら。 スマホ・タブレット・PCで紙面イメージが見られる日経ヴェリタスビューアーはこちら

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません