/

この記事は会員限定です

新生銀行、対SBIでホワイトナイト模索 セブンなど浮上

[有料会員限定]

SBIホールディングスがTOB(株式公開買い付け)を始めた新生銀行が対抗案を模索している。買収防衛策とは別に、複数の陣営に打診しており、セブン&アイ・ホールディングスソニーグループ、企業再生ファンドなどの名前が友好的なスポンサー(ホワイトナイト)候補に浮上している。17日の取締役会で議論を始めるが、SBI以上の好条件を出すのは難しく先行きは不透明だ。

SBIによるTOB期間は10月25日まで。新生銀は週内にもSBIに質問状を送付して時間を稼ぎつつ、提案への賛否を検討。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1272文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン