/

この記事は会員限定です

円買い介入巡り神経戦 政府、実施の有無公表せず

147円台続く

[有料会員限定]

32年ぶりの安値圏まで下落した円相場への為替介入の有無を巡り、政府と市場の神経戦が激しくなっている。13日は政府の再介入に対する警戒感が高まり、急速に円高が進む場面があった。政府は介入の有無を明らかにしない戦略に転じており、介入姿勢を試すかのようにじりじりとした円売りが続く可能性がある。

「介入への警戒がピークに達したタイミングで少し大きめの円の買いが入り、一気に円を買う動きが膨らんだ」。ある邦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1139文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません