/

この記事は会員限定です

シン・カワセの力学 円相場、米金利・ワクチンで再起動

[有料会員限定]

「2021年度は1㌦=110円程度の円安を見込んでいたのに、年度が始まる前に早くもその水準まで行ってしまった。円相場の目線はかなり切り下がっている」。大同生命の高橋賢哉運用企画部長は円の急変動に驚く。

顧客からの保険料収入を金融商品で運用する生命保険各社は、毎年度の相場見通しや資産配分の方針をあらかじめ決めている。2021年度の方針を策定していた2~3月は、円の対ドル相場が1ドル=104円台半ばか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1260文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン