/

この記事は会員限定です

CRB指数が低下、米金利上昇で銅など下落

[有料会員限定]

国際商品の相場が低下した。総合的な値動きを示すロイター・コアコモディティーCRB指数は13日時点で202.95と、前日に付けていた約6年ぶり高水準から2.4%低下した。過去最高値を付けていた銅が下がったほか、原油や穀物も下落。米長期金利の上昇に伴い外国為替市場でドル高が進み、ドル建てで取引する商品全般の下げ圧力となった。

エネルギーや農産物、金属などで構成される同指数(1967年平均=100)は国...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り322文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン