/

この記事は会員限定です

サイバー保険、揺らぐ「戦時は補償外」 証明難しく

[有料会員限定]

ロシアによるウクライナ侵攻で、サイバー攻撃の被害を補償するサイバー保険の「免責条項」が揺らいでいる。同保険は戦争に伴う攻撃は補償しない戦争免責条項を設けているが、戦争に起因すると証明するのが難しいためだ。米国では保険会社が免責を主張したものの裁判所が支払いを命じる判例も出た。欧米の損害保険会社は免責条項の厳格化に動いており、企業活動のリスクが高まる可能性もある。

世界の保険業界が注目した判決が2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1041文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン