/

この記事は会員限定です

「第二の安川電」の不安、業績楽観論に見直し

井川遼

[有料会員限定]

日経平均株価は3万円を前にした足踏みが続く。要因の1つが高すぎた成長期待の揺り戻し懸念だ。2020年度決算発表の先陣を切った安川電機。前期比5割増もの営業増益予想を示したが、市場期待に届かなかったとして売られた。割安とされた業種にも大量のマネーが流れ込む中、投資家はどこで「第二の安川電」が出るか、疑心暗鬼になっている。

外資系運用会社の日本株運用担当者は27日に20年度決算発表を予定するファナックについて「膨らんでい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り931文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン