/

「ハト派の女性旗手」の変身、ちらつくバイデン色

13日には米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード現理事の副議長指名承認のための公聴会が開催された。ブレイナード氏といえば、バイデン大統領の次期FRB議長指名の際に、現職パウエル氏の対抗馬であった。バリバリのハト派で、万が一、同氏が議長職に指名された場合の市場の反応は「利上げ遠のく」となろう、と論じられたものだ。さらに、今回の副議長職の指名にあたっては、サンフランシスコ連銀デイリー総裁が対抗馬とされ「ハト派女性2人の一騎打ち」などと市場でははやされたものだ。「承認」されれば、理事から副議長への「昇任」ともなる。

そのブレイナード氏が、議会公聴会では、見事にタカ派に変身してみせた。利上げ、資産圧縮などの「パワフルなツール」をちゅうちょなく使うと語ったときには、「これが、あのブレイナード氏か」とのサプライズ感があった。「インフレ率は高すぎる。国中の働く人たちは、今の給料でやってゆけるのか心配している。我々の金融政策はインフレを2%に戻し、かつ、全ての国民のために経済を回復させることだ」

働く人たち、全ての国民、などの表現にはバイデン大統領を意識したポピュリストの匂いも漂う。

ウォール街が警戒するのは、同氏が規制強化派であること。それゆえバイデン氏のお眼鏡にかなったことは確かであろう。

ブレイナード副議長議会承認に関しては、パウエル議長より反対票が多いとはいえ当確が打たれている。

さらに13日にはハーカー・フィラデルフィア連銀総裁(タカ派)が複数回メディアに出て、利上げ3~4回を支持した。

連日、ここまでタカ派色が強まるFRB新体制を見せつけられると、市場は、パウエル氏が利上げを急ぎ過ぎるリスクを意識するようになる。

例えば、新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」あるいは新たな悪性変異型の出現で経済が悪化する場合には、パウエル氏は利上げの暫時棚上げを強いられよう。その場合、複数回利上げを既に織り込んだ市場は、ポジションの巻き戻しを強いられ混乱するであろう。

雇用についても不透明感が残っている。パウエル氏は、失業率が4%を割り込んだことで、利上げの条件である完全雇用をほぼ満たす「最大雇用」が達成されたとみている。

しかし、いまだ、300万人以上の「隠れ失業者」が残っている。求職活動はしていないので、雇用統計上で失業者とは見なされないのだが、当面働く気はない人たちだ。彼らは、コロナが収束するまでは様子見を決め込む。いずれ復職する意志があるが焦ってはいない。当面は子育て、自己研さんなどに時間を割き、郊外に暫時転居して家族との時間を大切にする。米国のいわゆるミレニアル世代に多いライフスタイルだ。コロナ給付金や失業保険、さらに自粛中の貯金などで金銭的にはいまだ余裕がある。

雇用統計上では、コロナで勤労意欲を失った高齢者とともに、労働参加率がコロナ前の水準に戻らない理由とされる。

それでもパウエル・ブレイナード新体制の米連邦公開市場委員会(FOMC)が利上げを急ぐにあたって、インフレ問題で支持率低下が加速中のバイデン大統領への政治的配慮はないと言い切れるのか。

クラリダ副議長に、新たな個人的株式投資問題が発覚して、予定より2週間早い辞任が決まったことで、FRBへの信頼感もやや揺らいでいる。市場の合言葉も「FRBには逆らうな」から「FRBを疑え」に変わりつつある。市場では、ブレイナード副議長はパウエル議長のお目付け役ではないかともささやかれる。

そもそも利上げ年内3~4回、さらに、FRB資産圧縮が年内開始とみられているが、いまだ何も決まっていない。全てはFOMC参加者の個人的予測の段階である。それゆえ、株式市場のボラティリティー(価格変動)が激しくなっている。この状況は3月まで続きそうだ。

さらに、米国の2021年12月の消費者物価指数(CPI)の前年同月比上昇率が7.0%と発表後、外為市場ではドル安に転じ、債券市場では長期金利が低下中だ。FRBを信じ切れない投資家たちが、国債売り、ドル買いの人気トレードをとりあえず手じまう動きが顕在化している。

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com
  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 1,045円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン